• アミノレブリン酸について

    アミノレブリン酸とは、アミノ酸の一種で人や動物、植物などほとんどの生物に含まれています。


    36億年前に地球上に誕生して、生物がエネルギーを生み出す働きを助け、生命の誕生や進化にも関わっていると想定されることから、「命の根源物質」と言われています。


    今まであまり解明されていなかったアミノレブリン酸ですが、近年研究が進むことでようやく、健康や美容に効果があることが判明してきました。

    アミノレブリン酸は人や動物、植物の細胞にあるミトコンドリアに存在しており、エネルギーを生み出し、代謝を高める働きを持っています。



    ミトコンドリアは、細胞内で酸素を取り込み、細胞の活動に欠かせないエネルギーを生成するなど重要な役割を持っているので、人間の身体や健康に大きく関係しています。
    又、体内で鉄分と結びついて「ヘム」という物質を作り出し、これはミトコンドリアに作用して血液中で酸素を運ぶ働きをするヘモグロビンの原料になるなど、重要な役割を果たしています。

    アミノレブリン酸は、ミトコンドリアの機能を高めることによって、細胞レベルで糖を燃焼する力を高めます。

    糖を燃焼させることによって、血糖値の改善にも効果をもたらします。



    又、体内の余分な糖や脂肪を燃焼することで痩せやすい体質にできるのでダイエット効果が期待できます。

    その他、加齢により減少するために十分に生成されないことで、様々な老化現象が出ます。効率よく摂取することでアンチエイジング効果が得られます。アミノレブリン酸を効率よく摂取するためには、含まれている緑黄色野菜やみそや牛肉もよいですが、サプリメントなどで補うことで、さらに、身体に良い作用が起こり、必要摂取量を摂ることができます。